寒さが厳しくなってきましたね。皆さん体調はいかがでしょうか?

最近患者さんの中で、自律神経を崩されている方を多くみます。

実は、季節の変わり目は要注意!自律神経を崩す方が増えるんです。

自律神経の乱れのサイン

例えば以下のような症状です。

  • 日中眠くて仕方がない
  • やる気がでない
  • 疲れが取れない
  • 胃腸の調子が良くない
  • 身体が冷える

自律神経が崩れると、心身ともに症状が出るので、早めの対処が必要です。

年末で忙しくなる前に、自律神経を整えてスッキリした年始を迎えましょう!

鍼灸治療と自律神経の関係

そこで今回は、鍼灸治療とその効果についてお伝えします。

鍼灸は肩こりや腰痛などの身体の不調だけでなく、自律神経係などの内面にも効果があるのです。

なとなく不調だな~。と感じた時『鍼灸治療』という選択肢も頭に入れておくといいと思います!

鍼灸治療は自律神経を整える働きがあります。最近このことを実感できるある出来事がありました。

腰痛の治療で通院中の女性患者さん

この方は、治療の前にトイレに行きます。

治療はだいたい30分で決して長いわけではありません。しかし、終わった後にも必ずトイレに行きます。

患者さんいわく『普段トイレは近くないが、なぜか治療してもらった後はトイレに行きたくなる』とのことでした。

そこで重要なポイントは3つ!
1:なぜ鍼灸治療をするとトイレに行きたくなるのか
2:鍼灸治療をしたときに身体はどのような状態なのか
3:鍼灸治療の効果とは

先程もお伝えしたとおり、鍼灸治療は自律神経を整える働きがあります。

トイレに行きたくなるというのは、自律神経のうちの副交感神経が優位のときに起こります。

副交感神経というのは、リラックスしているときに働く神経です。

私は特に自律神経をどうにかしたくて治療しているわけではなく、患者さんの腰痛に対して治療をしただけなので、鍼灸そのものが自律神経に影響を与えているということです。

ズバリ…。
鍼灸治療=自律神経に効果大!!!

自律神経は季節の変わり目に崩しやすいです。鍼灸(鍼)と聞くと注射を思い出して、痛そう、怖いなどマイナスなイメージを持たれる方が多いです。

しかし、治療で使う鍼は髪の毛ほどの細さで、たまにチクッとするくらいで、注射みたくウッとくる痛みとは全然違います。

初めて体験される方も『思ったより痛くない』『刺さってるの分からなかった』という方がほとんどです。

鍼灸治療が気になっている方、身体に不調がある方、まずは気軽に治療受けてみてくださいね!

さがみ鍼灸整骨院の鍼灸治療の詳細はこちらからご覧いただけます。

町田市の鍼灸治療
【さがみ鍼灸整骨院】