妊活している人にどんな取り組みをしていますか?と質問すると、「サプリメントを飲んでいます」と答える人が少なくありません。どうやら妊活=サプリメントと思われている人も多いので、妊活とサプリメントについて紹介します。

サプリメント

サプリメントとは「栄養補助食品」です。あくまでも補助であり主要である食事が大事なのは言うまでもありません。

初回のカウンセリングで食事について質問した時に「朝は食べない、昼は牛丼屋、夜はカップラーメン」と答えた女性がいました。もし、子供が産まれても同じ食生活を続けるのでしょうか?

バランスの取れた食生活をせず、サプリメントを摂取しても意味ないです。

「こってりラーメンを食べた後に黒烏龍茶を飲んでもチャラにはならないのと同じです」とお伝えしています。

栄養という言葉に煽られる

病院や治療院でもサプリメントの販売を目的に勧めているところもあります。他社製品と比べ栄養素の含有量を売りにしているのがほとんどですが、その栄養素が身体に吸収され機能するのでしょうか?そもそも原材料が何かわからないようなものを体内に摂り入れることの方が怖いですよね。

基本中の基本でもある食事の指導もせずにサプリメント販売とは本末転倒です。そもそも販売を目的にしている人ほど食事管理が出来ていないのが残念です。

食事指導管理

当院では食事の指導管理をしています。具体的には、食事毎に写真をLINEで送ってもらっています。

手順としては、見える化→引き算→足し算です。

まず現状を把握してもらい、要らないものを止める、そして必要なものを足していくのです。

1日3食、1週間で21食、30日で90食が、あなたの身体を作っています。

卵子の質、体質を改善したいのなら身体の中に摂り入れる食事が大事なことは当然です。

努力をすれば必ずしも報われるわけではありませんが、上手くいった人は努力をしています。

葉酸を飲んでいる、マルチサプリを飲んでいると言って妊活をしている気になっているようでは、いつまでも終わりのない妊活になってしまうので注意が必要です。