最近当院に来る患者さんで
「乾燥する時期ということもあって目が乾く」
とおっしゃる方が多いです。

まばたきが減るとドライアイに

目の乾燥は、空気が乾燥している時や、まばたきが少ないことで起こります。

通常、人間のまばたきは1分間に約20回

ところが、パソコンやスマホが普及している現代。

これらの画面を集中して見ていると、まばたきの回数は4分の1にまで減少すると言われています。

瞬きをすることで眼球に潤いを供給することができますが、瞬きが減ると、目が開いている間に、水分が蒸発して乾いてしまいます。みなさんご存知のドライアイですね。

恐ろしいですよね (°_°)(°_°)

眼精疲労・肩こり・視力低下にも。。

まばたきが少なくなると、眼球が外気に触れる時間が長くなることで乾燥するだけでなく、眼球に傷がつき、視力の低下の原因にもなってしまいます。

目の乾燥には以下のような対策があります。

  • 長時間、目を使う時はこまめに休憩を取る
  • 意識的にまばたきをする
  • 加湿する

それでも気になる方は、頻繁に目薬をさすなど工夫してみてください ♪

また長時間、目を酷使し続けると目が疲れ、肩こりの原因にも…!!!

目が疲れているときは、濡らしたタオルをレンジでチンしてホットタオルを作り、目に乗せてみてください!

私も時々やりますが、すごく気持ちよく血流が良くなる感じがわかります!(個人的な意見です。)

眼精疲労・ドライアイに効果的なツボとは?

当院に来ている患者さんには、目の周りのツボに鍼を刺します。

例えば、
こめかみにある【太陽】や
眉頭のくぼみにある【攅竹 (さんちく)
などなど…!!

これらのツボは指で軽く押すだけでも効果があり、気持ちいいですよ (^。^)

乾燥しやすい時期です!ドライアイ対策をしっかりしていきましょう!

※さがみ鍼灸整骨院の鍼灸治療の詳細はこちらからご覧いただけます。

さがみ鍼灸整骨院の
鍼灸治療

※ツボに関する詳細やその他のツボの記事はこちらからご覧いただけます。

ツボについて