36歳 保育士 Tさん

Tさんは5年前から不妊治療専門のクリニックに通っています。

子宮内膜が厚くならず、どんなに頑張っても8~9㎜が限界で、体外受精をしても、なかなか授かることができませんでした。

子宮内膜を厚くしたくて来院

まずは、子宮内膜を厚くしたい。という想いで、さがみ鍼灸整骨院で不妊治療を受けることに。

初めて来院されたのが6月後半。気温が高いにも関わらず、Tさんの足先はキンキンに冷えていました。

体温も低く、高温期でも36.5℃しかいかないとのこと。

また、保育士のお仕事で、子どもを抱っこおんぶすることが多く、首肩の張りは日常茶飯事。表情もなんだか曇っていました。

不妊鍼灸治療2回目で変化

治療を始めてからわずか二回目で
「足の冷えがなくなりました!!」
「体温が上がってきました!!」
とのお声をいただきました。

Tさんは、今まで水分が足りなかったことを知ると、
治療後そのまま水筒を買いに行き、
「これで1.5ℓ摂れます!」
と、わくわく楽しそうに報告してくれました。

行動派のTさんは、他にも冷え対策や肩こり対策など、アドバイスしたことをすぐ実践してくれました。

初めての妊娠判定陽性

Tさんの頑張りもあり、治療を頑張ってきた5年間で、初めての妊娠判定陽性となりました!

当院に通われてからわずか1ヵ月での嬉しい報告。

現在も胎嚢確認、心拍確認と順調に経過し不妊治療専門のクリニックも卒業し、産婦人科に通っています。

妊娠してからは、
「赤ちゃんがなかなか大きくならない。」と心配していたTさんでしたが、鍼灸治療を受けるとすぐに、
「赤ちゃんが1週間に12㎜も大きくなりました!!すごい成長しているみたいです(笑)」
と笑いながら嬉しそうに教えてくれました。

現在もTさんは通院されていて、何か身体に良い変化があるとすぐに、
「私には鍼灸がとても合っているのかもしれません。どうしてもっと早くここに来なかったんだろうと思う時もありますが、今は妊娠出来て嬉しいばかりです。出産ギリギリまでお世話になりたいです。」
と、仰ってくれます。

鍼灸で心も変化

Tさんは、鍼灸治療をやると身体だけではなく、心にも変化が現れ、前向きになれた。といいます。

不妊はお身体だけではなく、心にストレスがかかってしまうことも原因です。

なかなか授かれなくてどうすればいいかわからない方、周囲に相談しにくい方、ぜひ一度、不妊鍼灸治療を受けてみてください。

さがみ鍼灸整骨院では、妊活・不妊治療で多く方が妊娠され喜んでいただいています。当整骨院の不妊治療の詳細は以下よりご覧いただけます。


不妊治療について