このページでは、大学のテニスの大会で腰を痛めてしまった町田市在住の女性の腰痛への鍼灸治療の症例をご報告していきます。

町田市の35歳男性の腰痛

Yさんは運送業。
仕事柄、重い物を持ったり運んだりは日常茶飯事。
30代になってから、時々腰痛を自覚するようになったとのこと。

しかし、いつも仕事モードになると、
腰痛を忘れて動けるので、ついつい動いてしまい、
いつの間にか腰痛が治まるというのを繰り返していました。

腰のヘルニアという診断

しかし、昨年12月に腰痛になった際には足にシビレが出てきて、
整形外科で診察を受けた結果「ヘルニア」と診断され、痛み止め等を処方されました。

その後、足のシビレは軽減するとともに腰痛も落ち着いてきましたが、
昨日の仕事中にまた腰痛が起きたとのこと。

さらに、今朝は起き上がるのも痛く、歩くだけでも腰に強い痛みが出現する状態に。
そこで奥さんの紹介もあり、さがみ鍼灸整骨院へ来院しました。

立つことも座ることも困難な腰痛

来院時はしゃがむことは全く出来ず、
ベッドに座ったり、立ち上がるだけでも痛い状態。

前屈動作や身体を捻る動きは、痛みが強くほぼ出来ませんでした。

Yさんの身体を診てみると、右重心の前傾姿勢。
上半身全体の筋肉の張りが強く、背骨のしなる感じなどはほぼありませんでした。

鍼灸と整体で治療開始

まずは鍼灸治療で痛みを取り、
併せて整体治療で身体の柔軟性を創っていきました。

「姿勢が悪いのはわかってたし、
腰痛もちゃんと治さなきゃとは思ってたんですけど、
つい痛みがなくなると忘れちゃうんですよね。」とYさん。

腰痛の原因が日頃の姿勢や仕事での負荷によるものだということを
ご自身できちんと理解されていました。

治療中も最初はうつぶせになったり、
起き上がるのに苦労されていましたが、
後半にはYさんも驚くほどスムーズに動かせるようになっていました。

最後に前屈や身体を捻ってもらうと、
とても恐々動かしてくれましたが、
「あれ?さっきより動く。」と驚きの表情に変化!

しゃがむのもツラく、靴の履き替えも苦労していたYさん。
「全然楽です。自分で出来ます!」とスッとこなしていました。

腰痛は、「原因」から治すことが大切

人は痛みやツラいことがあると、
少しでも早く良くなるようにと、努力をしますが、
その痛みやツラさが落ち着くと、
つい忘れて、また無理をしてしまったり、
楽な姿勢に戻り、歪みを作りだしてしまいます。

本当は痛みがなくなった時こそ、
身体を作り直すチャンスなのです。

自分の歪みやクセを知り、直すには
少し時間がかかります。

でもそこをしっかり行うことで、
痛みを繰り替えさなくなるのです。

もし、同じような繰り返す痛みがあるならば、
それはきちんと原因から治せていないのかもしれません。

さがみ鍼灸整骨院では、今ある症状だけでなく、
きちんと根本から治療することで、
同じ痛みを繰り返さないよう治療していきます!!

繰り返す痛みでお困りの方、
しっかりと根本から治療しませんか?
私たちがお手伝いいたします!!

さがみ鍼灸整骨院の治療については、以下より詳細がご覧いただけます。

町田市の鍼灸治療
【さがみ鍼灸整骨院】