33歳 町田市在住 会社員 女性

Uさんは2人目の子供を妊娠中(32週)に逆子治療のために来院されました。

1人目の時も逆子になったそうですが、自分でお灸をしたらすぐに治ったそうです。

今回も逆子がわかってから自分でお灸をしたけど、なかなか治らず、プロに治療してもらおうということで当院に来院されました。

鍼灸で足のつりやすさ・冷えも改善

鍼灸治療を行うとこれまで足がつりやすかったのが、全くつらなくなり、足の冷えも感じにくくなりました。

胎動を活発に感じ、検診の度に寝返りを打つように胎位が左右で反転していることはあるものの、頭が上の状態が続きました。

子育て、仕事に忙しく、なかなか自分の身体を休める時間がなく、お腹も張りやすい状態です。

それでもUさんはあきらめずに治療を続け、なんと38週の検診時に、逆子が治りました!!

帝王切開の直前で逆子が治った!

Uさんはすでに帝王切開の予定日も決まっていたのですが、その直前でやっと赤ちゃんが回ってくれました。

逆子が戻り「ほんとによかったです。これで一安心です」と喜んでくれました。

週数を重ねるほど、赤ちゃんが大きくなり、逆子が治りにくくはなりますが、最後まであきらめなければ、きっと赤ちゃんもその想いに応えてくれます。

逆子だけど自然分娩を望む方は、あきらめる前に一度当院へご相談ください。

さがみ鍼灸整骨院の逆子治療の詳細はこちらからご覧いただけます。